元:野球小僧、バイト畜大学生 現:大学中退フリーランスの駒田がお送りする、人生迷い系大学生の為のフリーランス養成講座

新卒フリーランスになるためのノウハウを養成コーチとして、オンライン、オフライン問わず教えています。自立と自律が理念。21歳♂ 高経大学(中退) 高校まで野球坊主 三重/群馬/新宿 メッセ、コメント気軽に受付中。 スノボ/カラオケ/ボーリング/ザキヤマが好き。

マーケティングを手っ取り早く簡単に学ぶ方法

 

f:id:nobuteru0822:20161113174026p:plain

 

マーケティングって、学んだことあるよね?

大学なり、団体なり、本なりで。ただ、マーケティングって概念が抽象的すぎて学んでる感だけが強く、”本当の意味で”マーケティングを学び、使いこなしてる大学生って俺は見たことない。

 

 

だから、今回は手っ取り早くマーケティングを学ぶ方法をご紹介したいなと思いまする。

 

マーケティングってなんぞや 

 

マーケティングwikiより)

 

商品が大量かつ効率的に売れるように、市場調査・製造・輸送・保管・販売・宣伝などの全過程にわたって行う企業活動の総称。市場活動。販売戦略。

 「―リサーチ」(市場調査)

 

 

とのこと。ちょっと何言ってっかよくわかんない。

 

ということで、僕なりにマーケティングっていうものを解釈してお話ししていきます。

 

 

マーケティングの目的って何?

 

まぁ、簡単にいうと「商品を売りやすくする」ためにやることね。

 

 

企業なり、俺みたいな個人が何か商品を販売していくときに

その売り上げを大きく伸ばすための戦略として

マーケティング”があるって感じ。

 

 

そう、マーケティングの目的は

”商品を売ること”なんだ。

 

 

売る商品がないくせにマーケティングを学んでるのは終わってる

 

 

だから、俺は大学とかで学ぶマーケティングはほとんど

意味がないって思ってるんだ。

 

 

だって、売る商品がないんだもの。

もし仮にあったとしても、それが売れても売れてなくても

リスクはないわけでしょ?

 

 

だから自由がききすぎちゃう。

売れなくても別に痛くないんだもんね。

 

 

マーケティングは座学じゃなく実学な訳だから

そうやってマジで商品を売ってく中での

市場との肌感覚とかもあるわけで。

 

 

それって実際にビジネスをやって

肌感覚でつかんでいくしかない。

(もちろん数字も大事だけどね)

 

 

 

マーケティング=感情を理解しろ

 

マーケティング=ビジネス(商品を売る)な訳ね。

 

 

お客さんが商品を買う時って感情で買うのね。

だから、感情を理解しないといけない。

 

 

 

例えば、どれだけ欲しいものでも

やっぱりお金を払う瞬間って緊張するでしょ?

 

 

「うわー、、、やっぱ痛いな」

 

 

とか。

 

 

実は、その感情を理解するのが

マーケティングを学ぶのに一番手っ取り早いわけ。

 

 

今の時代は第3世代マーケティングって呼ばれていて

感情で商品を買う時代なのよ。

 

 

 

「欲しい」から買う時代。

「必要」だから買う時代じゃないのね。

 

 

 

マーケティングはお客さんにお金を払わせる 

 

 

お客さんにお金を払わせるわけだから

自分がその気持ちを理解、共感できてないと

お客さんの本当の気持ちや感情を理解できないわけよ。

 

 

 

高いものを買う

 

 

ことが実はマーケティングを学ぶための

最大の戦略な訳。

 

 

そうすることでどんどん感情っていうのが

理解できていく。

 

 

俺もビジネスを学ぶためにトータルで

200万ぐらい使ってきたけど、

 

 

使ってきたからこそわかることがあるし

それに共感することができる。

 

 

だから、売れるわけ。

 

 

お金を使おう。



ブログ著者:駒田との直通LINEはこちらから
(下記QRコードを読み取ってください)


ワンクリック追加はこちらから
(下記画像をクリック)

友だち追加