読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元:野球小僧、バイト畜大学生 現:大学中退フリーランスの駒田がお送りする、人生迷い系大学生の為のフリーランス養成講座

新卒フリーランスになるためのノウハウを養成コーチとして、オンライン、オフライン問わず教えています。自立と自律が理念。21歳♂ 高経大学(中退) 高校まで野球坊主 三重/群馬/新宿 メッセ、コメント気軽に受付中。 スノボ/カラオケ/ボーリング/ザキヤマが好き。

起業する為に社長に会いまくった、意識高い大学生の末路

 

社長に会いまくってます

インターン行きまくってます

ビジコンでてます

ベンチャー調べまくってます

 

 

っていう素晴らしく意識が高い学生って多いんだけど

どれぐらいの割合が本当に自分のやりたいことや

目標を実現しているのだろうか

 

 

ってこの前ちょっと調べてみたんだけど

実際に大卒後起業する人って

1割にも満たないんだと

 

 

結局行動が伴っていないから、、、

 

 

・一旦社会経験積む為にって就職したり

ベンチャーで修行だっていって就職したり

・俺に合うビジネスモデルを探すつってずっと探してたり

 

 

しちゃうわけね。

 

 

わたくし、駒田は大学1年生の時の出会いをきっかけに

オンラインで事業を立ち上げ収益化し、

 

 

それを元にしてシェアハウスを経営してみたり、オフラインの事業もちょいちょい手を出してみてきてるんだけど

 

 

なんで俺が2年でここまで事業を作ってこれたかって

単純に「うまくいってる人の話を素直に聞いて実行した」っていうこれだけだと思うのね。

 

 

余計な考えは挟まなかった

 

うまくいってる経営者とかってレベルが高いからやっぱり、アリエンティー(普通に考えたら不可能だよねっていう)なことも要求されたりするわけで。

 

 

 

え、それ俺にできるかな

 

失敗したら死にそうだ

 

金大丈夫かな

 

めっちゃ難しそうやん

 

 

 

っていうことばっかだった。

 

 

俺自身、高校は偏差値42のとこいってたぐらい

頭も良くなかったし、ビジネスセンスなんて全く無い

 

 

何か、天賦の才に恵まれてたらよかったけど

おあいにくさま、顔がでかいだけ

 

 

自信もなかったし金もなかった

 

 

ただ、今振り返った時に、唯一俺にあったのは

 

 

「素直さ」と

 

無知の知

 

 

だけだったなーと。

 

 

無知の知って俺結構最近大事だな、って思ったんだよね。

「知らないことを知っている」っていう意味らしいんだけど。

 

 

俺は、「駒田くんは頭が良く無い」っていうのだけは知ってたんだよね。特にビジネスに関してはど素人なわけだし。

 

 

「無い頭でこねくり回してもいいアイディアなんか出るわけないんだから成功してる人にアドバイスもらった方が早いじゃん」

 

 

っていうのだけは本能的に思ってた。

自分がバカだって知っちゃってるからね。

 

 

よくいる意識高い系にありがちなのは

この「無知の知」がないことだと思っていて

(自覚症状がないっていうのがほとんどなんだけど)

 

 

みんな、どこかで自分のことを特別な存在だと思っちゃってる。

 

 

特別な人間で、いつかはうまくいく人間だと勘違いしちゃってるわけよ。(俺もそういうとこあるけど)

 

 

だから、オリジナリティを追求したり

自分で独自のやり方を貫こうとしちゃうわけで。

 

 

だから失敗したり自己破産しちゃうのよ。

 

 

普通に、うまくいってる人の

アドバイスをバカ素直に聞いて実行したら

そうそう失敗なんてしないから。

 

 

学ぶは真似るっていうしね。

真似してそっくりそのままやればいい。

 

 

パクリジナルっていう言葉があるけど

どうせパクってもオリジナルになるのよ。

やってる人が違うんだから。

 

 

ちなみに駒田は高校時代マジで研究して

男気、清原さんのバッティングフォーム真似してたけど

 

 

結局そっくりそのままにはならないのよ。

結局駒田なのよ。笑

 

 

人が違う限り、全く同じにはならないわけで。

 

 

だから、どんどん素直になろう。

そこに、自分の無い頭の無駄知恵を挟むな。

 

 

今、うまくいってないお前の頭で考えてるから

うまくいかねーんだよ。とね。

 

 

自戒を込めて書いてみました。とさ。おしまい。

 

 

(異論反論色々くだしゃい)

(賛成意見くれるとなお嬉しいどす)

 

  

 



ブログ著者:駒田との直通LINEはこちらから
(下記QRコードを読み取ってください)


ワンクリック追加はこちらから
(下記画像をクリック)

友だち追加