読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元:野球小僧、バイト畜大学生 現:大学中退フリーランスの駒田がお送りする、人生迷い系大学生の為のフリーランス養成講座

新卒フリーランスになるためのノウハウを養成コーチとして、オンライン、オフライン問わず教えています。自立と自律が理念。21歳♂ 高経大学(中退) 高校まで野球坊主 三重/群馬/新宿 メッセ、コメント気軽に受付中。 スノボ/カラオケ/ボーリング/ザキヤマが好き。

夢を語るとき固有名詞は使うな!

啓発・気付き

f:id:nobuteru0822:20160822171524j:plain

 

 

こまだです、

 

 

夢を語るとき

固有名詞は使わないでください。

目標と手段がごっちゃになってしまうからです。

 

 

固有名詞とは

「一つだけのものつけられた名前」

を指します。

 

 

プロ野球選手」

「教師」

「公務員」

 

 

などがまさしくそうです。

 

 

理由は前述通りで

 

「目的と手段がごっちゃになるから」

 

です。

 

 

以前、こういう人がいました。

名をMくんとします。

 

 

駒「大学卒業したらやりたいこととかあるの?」

 

M「大学卒業したら教師になりたいです!」

 

駒「教師いいねー!

  ちなみに、なんでなりたいの?」

 

M「教えることが好きなのと、安定してそうだからですかね」

 

駒「なるほどね。いいじゃん!」

 

 

 

ここまでは普通の会話だと思います。

ここから、僕が少し変わった

質問をぶつけてみました。

 

駒「Mくん。教師になりたいって言ってたじゃん!

  じゃあ仮にだけど”安定してない”教師だったら

  なりたい??」

 

 

M「いや、それはちょっと嫌ですね」

 

 

駒「そっか。じゃあ”教えることにやりがいを見いだせなくなった”教師は?」

 

 

M「それもいやです」

 

 

駒「でも世の中そういう教師も結構いるよ。安定してるって言って教師になったけど給料は固定で低くて生活きつくて、残業も当たり前にある。土日休みも部活の顧問として活動するからまともに家族との時間も作ることができない。

 

生徒も反抗期でいうこと聞かなくて

追い込まれて自殺する先生とかもいるじゃん」

 

 

M「そうですね」

 

駒「それでもなってみたいって思う?

  Mくんもそうなる可能性があるんだよ?」

 

M「ちょっと考えたいです」

 

 

 

。。。

 

何が言いたいかというと

 

 

このMくんの場合

 

 

目的:安定していて人に教えることがしたい

 

手段:先生

 

 

なんです。

 

 

手段は手段です。

 

教えることが好きなら

塾講師でもいいでしょうし

 

自分で教育事業を立ち上げても

いいかもしれません。

 

プロ野球選手も同じです。

 

 

「試合に出れないプロ野球選手」に

なりたい人は少ないです。

 

 

「安定してなくていつ首が着られるか

 わからない公務員」

 

 

も同じです。

 

 

みんな、固有名詞で夢を語る間に

手段と目的を履き違えて手段=目的に

なってしまいます。

 

 

そういうときに使える

テクニックを1つご紹介したいと思います。

 

 

なりたい姿で決める

 

 

このMくんの場合であれば

 

「安定」って言うワードが有ります。

 

 

安定しててやりがいが持てたら

Mくんの場合ぶっちゃけなんでもいいんです。

 

 

皆、固く考え過ぎなんです。

 

固く考え過ぎちゃってるから

就活失敗したらやたら落ち込むし

教員採用試験落ちただけで

まるで死んだ魚のような目をします。

 

 

じゃなくて、自分になりたい姿を

紙に書き出してみてください。

 

 

そうすれば、自ずと

自分が進む道が見えてきます。

 

 

僕の場合「仲間がいて、毎日エキサイティング」が

僕のモットーです。

 

 

ただ、僕のビジネス仲間でも

「安定したい」からこそ

 

 

複数の収入源を持ってフリーで

ビジネスを展開している仲間がいます。

 

 

目的は人それぞれでいいんです。

 

 

参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

追伸:

 

駒田って何者?

 

 

www.youtube.com



ブログ著者:駒田との直通LINEはこちらから
(下記QRコードを読み取ってください)


ワンクリック追加はこちらから
(下記画像をクリック)

友だち追加