読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元:野球小僧、バイト畜大学生 現:大学中退フリーランスの駒田がお送りする、人生迷い系大学生の為のフリーランス養成講座

新卒フリーランスになるためのノウハウを養成コーチとして、オンライン、オフライン問わず教えています。自立と自律が理念。21歳♂ 高経大学(中退) 高校まで野球坊主 三重/群馬/新宿 メッセ、コメント気軽に受付中。 スノボ/カラオケ/ボーリング/ザキヤマが好き。

青いバラに学ぶマインドセット

コラム 啓発・気付き

f:id:nobuteru0822:20160815013742j:plain

 

 

みんなが不可能だという。

 

 

お前には無理だという。

 

 

諦めろ、もうやめておけ。

 

 

 

まだです、

 

 

青いバラをご存知ですか?

 

 

青いバラ

この世には存在しないものでした。

 

 

開発に開発を重ねて

生み出された技術の結晶です。

 

 

 

技術的な課題は二つ。

 

 

「青い色素(デルフィニジン)を

  合成するための遺伝子を取り出す」

 

 

「バラに細胞に遺伝子を入れ

 遺伝子組み換えバラを作成する方法を開発する」

 

 

 

3万種もある遺伝子の中から

300種まで絞り

 

 

遺伝子を組み込んで花の色が変わるかテスト

さらにテスト、テスト。。。

 

 

 

それでも失敗の繰り返し。。。

 

 

 

もともとのバラ自体に

青色色素というものが

存在しなくて

 

 

品種改良のみで青いバラを作ることが

不可能だと。

 

 

その頃に名付けられた花言葉

 

 

「不可能」

 

「出来ない相談」

 

 

 

 

それでも研究者は諦めなく

研究に研究を重ねた結果。。。

 

 

 

 

1991年6月13日

ついに青色遺伝子の取得に成功します。

 

 

 

ただ、それを組み込んでも

結局バラは青くならず。。。

 

 

 

 

その11年後。。。

 

 

岐阜県大野町のバラの育種家

河本純子さんが

 

 

様々な品種のバラを掛け合わせて

青いバラを作り出そうと研究を続け

 

 

2002年に

 

 

「ブルーヘブン」

 

 

を作出‼︎

 

 

現在の青いバラ花言葉

 

 

 

「奇跡」

 

 

「夢叶う」

 

 

「永遠の祝福」

 

 

 

僕もそういう人間であり続けたいと

バラと研究者に気づかせていただいた

 

今日この頃です。



ブログ著者:駒田との直通LINEはこちらから
(下記QRコードを読み取ってください)


ワンクリック追加はこちらから
(下記画像をクリック)

友だち追加