読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元:野球小僧、バイト畜大学生 現:大学中退フリーランスの駒田がお送りする、人生迷い系大学生の為のフリーランス養成講座

新卒フリーランスになるためのノウハウを養成コーチとして、オンライン、オフライン問わず教えています。自立と自律が理念。21歳♂ 高経大学(中退) 高校まで野球坊主 三重/群馬/新宿 メッセ、コメント気軽に受付中。 スノボ/カラオケ/ボーリング/ザキヤマが好き。

■「どうしよう」から逃れ、正しい決断を下す3ポイント■

啓発・気付き

 

 

f:id:nobuteru0822:20160813145109p:plain

  

 

こまだです、

 

 

「どうしよう…」

 

 

これを口にしたいときはたくさんあります。

 

 

・誰かに告白されてどうしよう…

・一緒に仕事しようと誘われてどうしよう.…

・飲みに行かないか誘われてどうしよう…

・お金を払うか払わないかどうしよう…

 

 

 

人は人生で約70~100万回

「どうしよう」と悩むのだそうです。

 

 

つまり、おおよそ

 

 

 

毎日25回、毎週175回

悩みに苦しんでいるのです。

 

 

今日は悩み続ける人生から解放される

方法の一部をご紹介します。

 

 

ポイントは3つ

 

 

この3つさえ守れば、

悩み続ける無駄な時間を

 

 

大幅にカット出来るので、

仕事や遊びの時間が増加し、

 

 

精神的な苦しみから

逃れることが出来ます。

 

 

その分、羽が生えたように

体が軽くなりスッキリとした

 

 

気持ちで日々過ごせるようになるはずです。

 

 

 

1、正しい決断をしない決断をする。

2、解決するかどうかを決断する。

3、どちらを選べば今後の人生が楽しくなりそうか?想像する

 

 

1,正しい決断をしない決断をする。

 

 

「もっといいものが…」

「本当に必要か…?」

「これで間違ってないか…?」

「この決断は正しいのか?」

 

 

こういう視点で物事は判断出来ません。

 

 

なぜならその答えはいずれも

「分からない」未来の話だからです。

 

 

ですから、分からない事ではなく

分かることで判断する必要があります。

 

 

つまり、正しいかどうかで

決断しないという決断が必要です。

 

 

では、どういう基準で決断するか?

それは2つめで紹介します。

 

 

2、解決するかどうかを決断する。

 

 

「どうしよう…」

 

この悩みは解決する時ではなく

ただ悩んでる時に口に出ている事がほとんどです。

 

 

ですので、「う~ん」とうなり始めたら、

まず一呼吸置いて

 

 

その問題をそもそも

 

 

"解決する"のか"解決しない"のか

決断する必要があります。

 

 

その時の具体的な材料が

3つめになります。

 

 

3、どちらを選べば今後の人生が楽しくなりそうか?想像する

 

 

1つめは、正しいかどうかではなく

もし仮にどちらの決断をしても、

 

 

100%うまくいくとしたら、

 

 

どちらが楽しそうかどうかで判断する。

 

 

2つめも同じです。

 

 

解決するのとしないのとで

どちらの人生が楽しくなりそうかを

 

 

選べばあなたにとって

さほど間違いの無い選択になるはずです。

 

 

そして、最後はその決断を

して本当に良かった!と思えるように

 

 

行動することが大切です。

 

 

本当に良かったのだろうか?とうじうじ

考えるより、今の行動が良い物になるように

 

 

意識と行動を変えていった方が

 

 

年間100万回も悩むよりずっと

有意義な人生になるのではないでしょうか?

 

 

本日も最後まで

読んで戴きありがとうございました。

 

駒田



ブログ著者:駒田との直通LINEはこちらから
(下記QRコードを読み取ってください)


ワンクリック追加はこちらから
(下記画像をクリック)

友だち追加